続くといいね.com

日常の思考など

SK's Session2

8/4(金)恵比寿ザ・ガーデンホール

 

実はUNISON SQUARE GARDENを好きになってから、初めて自分名義で取れたチケットでした(今回はバンドじゃないけれど)。

 

もう、ね、すごい。斎藤さんの、日高さんの、音楽の魅力溢れるステージだった。

 

ブログを書き終えてから、終演後すぐに取りかかればよかったと後悔。やっぱり記憶というのは時間が経つと薄れてしまうね。ということで、ここからは私の残念な記憶力と拙い語彙からなる文章です。誤植があったらすみません。

 

実はこの前までSKY-HIのことが苦手だった。ビバラのステージで初めて見たんだけど、MCとか煽りの感じがかかってこいよ系(?)って言うのかな、初見だったからっていうのもあるのかな、なんかノリについていけなくてダメかなって思っちゃったんだ。けれど撤回です。メチャメチャ楽しかった。

 

日高さんは瞬時にステージの雰囲気を変えられるし、見せ場をちゃんとわかってる感じがした。キメとかもすごいはっきりしてて、思わず引き込まれる感じ。ラップしてもギター弾いてもピアノ弾いてももうすごいの。彼がピアノ弾いてたバラード系の曲(すいません曲名わかりません)、大サビ手前の束の間の沈黙に震えた。器用なんだなあ。表情が次々変わるのもすごい。ダンスもキレッキレだし、大げさかもしれないけど舞台を観てる感覚になった。あと当たり前に顔が良い(笑)

 

場転が終わって斎藤さんの番。

6つくらい配置してあった球体の照明、田淵さんがいないから設置できたんだなあと思うと面白い。アコギソロの絵の具で始まったのが鳥肌でした。青い照明もユニゾンのオープニングと同じ。粋な演出ですね〜。

そしてMC。斎藤さんメッチャ喋るじゃん!となった(笑)本当に話が上手いなあ。たとえ何も知らない人が聞いても一発で理解できるように丁寧に説明してくれるの、いつもいいなって思ってる。ツイッターとかでMCレポしてる人いるからMCの詳細は書かないけど、素敵なお話だった。

持ってきた新曲4曲、全部ともイントロがメチャメチャ好きだった。斎藤さんはギターフレーズから曲を作ってそうだと勝手に思っている。

1曲目は爽やかで、それでいてあったかい曲だと思った。「穏やかな季節になりそうだ」ってサビだった(気がする)。2曲目ミドル?スロー?テンポの曲名だった。斎藤さんアコギ。これ好きでした。斎藤さんの声はスローテンポの曲だと一層美しさが際立つね。ユニゾン節のハイテンポな曲も軽快さが大好きなんだけど。3曲目はかっこよくて、妖艶さもあった。サビ手前の低音からのサビ!色気ヤバ〜ってなりながら聴いてた(そうすか)。4曲目は1曲の中で曲調が変わるのが印象的だった。ミドルテンポの穏やかな感じが、急にギターガシガシ弾いて、斎藤さんが噛み付くように歌って、照明もストロボでかっこよかった。

4曲終えて、自分の曲を披露するのは緊張するけど達成感がある。みんな楽しんでくれてるといいな、なんてはにかむ斎藤さん謙虚すぎるよ。楽しいに決まってるよ。もう、ありがとう、、って思ってた。

そして最後は弾き語りでスカースデイル。アルペジオがとても綺麗。斎藤さんの伸びやかな歌声が会場に響き渡って本当に素敵だった。優しい表情で一音一音丁寧に歌い上げていたのには惚れ惚れしたな。

 

またまた場転で今度は斎藤さんとSKY-HIのセッションへ。お互いの曲を演り合うの、痺れました。アコギの天国と地獄はラテンっぽかったな。あとユニゾンのもう1曲が蒙昧terminationだったのは驚いた。でも日高さんに合いそうな曲だなと納得。まさかの2曲CITS。

そして日高さんの曲を、この曲のギターを弾き倒したい!と斎藤さんがお願いしたそうです。それが『Double Down』。日高さんのソロでも1回演奏して、コール&レスポンスがあるんだけど、その時、初めての人もやってみて!最後には頭から離れなくなってるから!(曖昧)って左が言ってた通り、本当に楽しくて忘れられない!

その他にもカバー曲で斎藤さんがギター弾きながらハープを吹いて、日高さんが高校生の時ぶりにドラムを叩いたり、本当に盛りだくさんのライブでした!

最後に、何で締めるのが良いのか考えた時に、二人で曲を作るのが良いんじゃないかってことでこの日のために新曲を用意してくれた二人。もうすごいよ、ほんとに一オーディテンスの自分は大喜びでした。稚拙な表現だけど、すっごく良い曲だったし。

斎藤さんと日高さん、そしてサポートのベースとドラムの方と四人で肩を組んで、ありがとうございました!と頭を下げて閉幕。最高のライブでした。こちらこそありがとうと言いたい。