続くといいね.com

日常の思考など

コミュニケイション・バリア


今朝メイクをしながらこの曲を聴いていた。それはもう胸締め付けられる思いだった。


この前までのわたしと、今のわたしは違う。今までもこの曲を聴いて昔の出来事を思い出してすごい曲だと感じていた。歌詞があのときの自分とあまりにもシンクロして、情景がありありと浮かんできてしまうから。

でも今、わたしは現在進行形でこんな気持ちになってしまっている。教室のチャイムも鳴らないし、窓からグラウンドを見ることもできない、17歳でもないけれど「恋をしている」状態が重なって、どうしても息が苦しくなってしまうのだ。


大森靖子さん、やっぱりあなたはわたしの神様だ。


生意気に考察とかしちゃう。ここは自由なブログなので。最初に断っておくと、これは自分に重ねているので極めて個人的な解釈になると思います。悪しからず。


コミュニケイション・バリア

作詞:大森靖子

作曲:ヤマモトショウ


青春に吐きそうで トイレまで逃げたけど

教室にいたほうが エアコンで快適で

ポケットにぐしゃぐしゃの イヤホンで抱きしめて あたしだけのうた


このフレーズだけですでに「あたし」のことが好きになっちゃう。わたしもこちら側の人間だから。


かわいいに敵わない おもしろじゃ敵わない

イタい夢膨らむの 妄想は芸術よ

きみなんてきもいほどかっこよくなっている

何次元よ ねえ


自明の理。もういいよって思うくらい身を以て体験したこと。そう、おもしろはかわいいには絶対に敵わない。これがキャッチーなメロディに乗せてかわいい声で、でもとてもストレートに歌われている。それ故心に突き刺さる。

自分の願望を「イタい」って言っちゃう。かわいくないから。不釣り合いだから。自尊心の低さがあらわれている。わたしじゃん。

わたしも妄想は得意。もう芸術って言えるかもしれないね。からの「何次元よ」ってフレーズ。オタクじゃん。わたしじゃん。

きみなんてきもいほどかっこよくなっている(のにわたしは)って行間を読んじゃう。「きみ」って、好きな人っていつだってかっこいいよね。ほんとはかっこよくなくても。


全然恋とか知らないまま わかる〜!って言えちゃう

love song ブラつきぬける

あたしどこにもいないの


この歌詞にわかる〜!って言いたい。恋のことなんてなにも知らないのに、あたかも知っているかのように語らなきゃいけないときがあるよね。自分の恋愛観聞かれたりとか、あとは友だちの彼氏の話を聞いてそれについて話さなきゃいけないときとか。

ラブソングもすっと抜けちゃう。耳じゃなくてブラなのがかわいい。女の子だ。

わかる〜なんて言ってるけど、そこに本当のあたしはいない。


どんなシャンプー使っても ああ あの娘になれない 

あんなにたくさんの特別(キラキラ)を ケラケラと振り回して want you むせそう

焦がれる前に壊れる前に チャイムが鳴ってよ 

授業は時の部屋 修業中 あたしいまも17歳で コミュニケーションバリア


香水や化粧道具じゃなくてシャンプーなのが高校生っぽくてかわいい。そしてあの娘にはなれない。無自覚に、キラキラをケラケラと振り回すあの娘、誰でも思い浮かべる「あの娘」がいると思う。

授業中は修業中。



死んだらそれまで


死んだらそれまで、そんな思想で生きてきたつもりだった。今まで本気で死にたいと思ったことはなかったけれど、わりといつ死んでも仕方がないと思っていたし(例えば大地震や火災、避けられない事故など)、死んでしまったら、自分で「死んでしまった」ということも感じられないのだから、それまでだなというように思っていた。


けれど、眼前に起こりうる危機が迫っていることを考えると、一気に怖くなってしまう。スケジュール帳を見ても、この日まで自分は生きているのだろうか、これを迎えずに、多くの人間は亡くなってしまっているのではないか、などと考えてしまう。


現状に不満はあるけれど、この世界には愛着がある。やっぱりまだ死にたくないなあ。


自分がやっているコピーバンドの今度のライブで、椎名林檎の「自由へ道連れ」をやることになった。こんなときだから、歌詞が妙に突き刺さる。


超弩級のミサイル

逸る命

誰ひとりとて損ねないように

生きてる証は執着そのものだろうけど


またブログ更新できたらいいな



ブログ開設の経緯など

 

文章を読むのは好きな方だと思う。

小さい頃から人並みには本を読んできて、今でも文庫本は常に持ち歩いている。読むのはもっぱら小説ばかりだし、それも好きな作家のものばかり読んでしまうけれど、読書は習慣になっていると言えると思う。

 

文章を書くのも嫌いではないと思う。

小学生の時は、友達や好きな人を文字ったキャラクターを登場させて本を書いていた。青い鳥文庫にありそうなファンタジー小説のようなものをせっせとこしらえていた記憶がある。とっても拙い内容だっただろうけど、書いているときは楽しかったな。

日記もつけていた。ちょうど一年くらい前に、iPhoneのメモ帳に毎日書いていた気がする。朝井リョウさんがエッセイで、とにかく毎日少しでも文章を書くことが大切って言っていたような。あとは見よう見まねで歌詞を書いてみたり、去年は大学の演習で毎週俳句を作っていた。

ただ、上に並べたものの共通点として、これらは続いていないということが挙げられる。物語は完結せずに書くのをやめてしまった。メモ帳の日記がしっかり書かれていたのはせいぜい一ヶ月。今年の春休みだけでもつけようと思って意気込んでいた手書きの日記も、最後まで書けなかった。歌詞だって、フレーズは何個か作れても、それを繋いで一曲にするということができていない。俳句は今年は近大小説のゼミに入ったので、それ以降は作っていない。

 

なんということだろう!わたしは何一つ継続することができていないのだ……ダメ人間じゃん……

 

そこで考えたのがブログです。ブログなら更新頻度はまばらでもいいし、毎日書かなくてもいいから書きたい内容だけ選択して書けばいい。これなら続けられるかも〜と思って開設することにしました。

ちなみに中学生のときにブログを書いていた。これはとっても黒歴史なんだけれど、誰も使ってねーよというネットスラング、無意味だし読みにくい文中の小文字、自虐風自慢、ブログ特有のルール(足跡とかバトンとか)、しまいには無断転載(本当にごめんなさい)といった最悪のオンパレードだった。

 

今回のブログでは日常生活での思考や、ライブや観劇、読書などの記録にしたいと思っています。何も面白いことは書けないかもしれない。極めて個人的で内的な記事ばかりになると思う。読んでくれたら嬉しいので、一応誰にでも公開する設定にしているけれど、本当によくわからないブログになると思う。保守的な前置きをごめん。もし読んでくれる人がいたら、とても嬉しいです。